パースピレックス

  • パースピレックス 臭いの元にフタをする医療用制汗剤 気になるワキガ臭・多汗症を抑制 パースピレックス 臭いの元にフタをする医療用制汗剤 気になるワキガ臭・多汗症を抑制

パースピレックスとは?

パースピレックスは、一般的な市販のデオドラント剤と比べて、汗を抑える時間が長く、
肌にとって刺激の少ない医薬品の制汗剤です。医療機関だけで取り扱われています。
ワキや手の平、足の裏など、汗の気になるところに一度塗ると、3日~5日は制汗効果か続くため、頻繁に塗り直す必要はありません。
パースピレックスの成分が、汗を作り出す器官である「汗腺」内の水と反応して「フタ」を作り出すことで、汗腺を一時的にふさぎます。
これにより、発汗が抑制されます。また、肌に刺激の少ない処方になっています。

パースピレックスの特徴



制汗効果が3~5日間続く

パースピレックスは、汗腺内に角栓(かくせん)を作り、「フタ」をすることで発汗を抑制するため、角栓が肌のターンオーバーによって排出されるまでの3~5日間は、効果が持続します。

塗り直しの手間が軽減される

制汗剤といえば、スポーツ中、汗をかくたびに何度も塗り直したり、朝に制汗剤をつけて出かけた後、昼頃にはまた塗り直す必要があったりと、何かと手間がかかるイメージがあります。その点、パースピレックスは一度塗ると、汗や水で落ちることがないため、汗をかいたり、服でこすれたり、手を洗ったり、お風呂に入ったりしても塗り直す必要がありません。

肌への刺激が少ない

パースピレックスは、肌に優しく作られています。制汗剤は、その主成分である「塩化アルミニウム」が肌への刺激となり炎症やかぶれを起こすこともあります。パースピレックスは肌へのリスクを減らすために「乳酸アルミニウム」を配合しています。肌への刺激が気になる方やアレルギーの方もお試しください。

無香で使いやすい

パースピレックスには香料が使われていないため、無香で使いやすい制汗剤です。発汗自体を抑制するため、汗によって生じる臭いの予防になり、新たに他の香りをつけたす必要もありません。

衣類への色移りなし

制汗剤やデオドラント剤といえば、衣類に色移りしたり、肌に白く残ったりして見栄えが良くない経験をしたことがある方もいるかもしれません。パースピレックスは衣類への色移りや白い筋が残ることがないため、気にせず使用できます。




  • 制汗効果のメカニズム

    パースピレックスをワキの下や手の平、足の裏などの汗が気になるところに塗ると、主な成分「塩化アルミニウム」が、汗腺の中で水と反応を起こします。そして、「水酸化塩化アルミニウム」という成分を生成します。
    この水酸化塩化アルミニウムは、皮膚の上層部にある「ケラチン」というタンパク質と反応して、汗腺の奥深くに「角栓」を作り出します。この角栓が、汗腺に対して「フタ」をして、汗が分泌されるのを抑制します。この制汗効果は、「ターンオーバー」という肌の生まれ変わり機能によって、角栓が外に排出されるまで続きます。ターンオーバーは、およそ3~5日間かかるため、その間は、汗腺に「フタ」をされている状態をキープでき、制汗効果が持続します。




パースピレックスの使用方法

  • STEP01

    夜、就寝前にパースピレックスを塗る夜、就寝前にパースピレックスを塗る

    寝る前に汗が気になる部位、例えばワキや手の平、足の裏などにパースピレックスを塗ります。夜間は汗腺の活動が低下するため、角栓の「フタ」が作りやすくなるため、夜に塗るのがいいとされています。

  • STEP02

    塗った場所が乾いてから服を着る塗った場所が乾いてから服を着る

    パースピレックスを塗った後は、しばらく服などに接触しないようにし、完全に乾かします。例えば、ワキに塗った場合には、乾くまで寝間着を着ないようにします。その他、塗るときに触れた手の平など、特に汗を抑える必要のない部位は、水でよく洗い流します。

  • STEP03

    翌朝、塗った部位を濡れタオルなどで拭く翌朝、塗った部位を濡れタオルなどで拭く

    翌朝、パースピレックスを塗った部位を濡れタオルなどで拭き取ります。場合によっては石鹸を使って洗い流します。

    使用頻度について

    使い始めのうちは効果がすぐに出ないこともあるため、1週間ほど、毎日、就寝前に塗ります。効果が出はじめたら、週2~3回の塗布にします。ただし、敏感肌の方は、使い始めは毎日ではなく1日おきに塗り、それを2週間続けてください。

  • パースピレックスはこんな方におすすめ

    パースピレックスは、制汗剤を塗り直すのに手間を感じている方や、市販の制汗剤で肌にかぶれや炎症が起こる方などにおすすめです。
    パースピレックスは、汗や水で落ちることはないため、何度も塗り直す必要はありません。週に2~3回のペースで、手間を軽減できます。
    また、肌に低刺激の処方で、肌へのリスクをできるだけ抑えています。

製品紹介

  • パースピレックス・コンフォート
    ワキ用(医薬品)25ml 1本 4,500円(税別)

    ロールオンタイプで、ワキに塗りやすい仕様。ボディ用と比べて「塩化アルミニウム」の割合が10.27%と少なめです。また、「乳酸カルシウム」が配合されており、より肌へ優しい処方で、敏感肌の方でもお使いいただけます。

    パースピレックス
    ボディ用(医薬品)100ml 1本 5,000円(税別)

    手の平や足の裏、その他、ボディの各部に使いやすいローションタイプです。「塩化アルミニウム」は25%配合されています。



よくある質問

パースピレックスを塗った後、洗い流すと効果が薄れることはないのですか?

パースピレックスは夜寝る前に塗っていただき、翌朝、洗い流すか、拭き取るかするのが正しい使用方法です。翌朝は毛穴に浸透し、汗腺内にフタが作られているため、洗っても効果が薄れることはありません。

副作用はありませんか?

パースピレックスは敏感肌の方でも使えるよう、肌に優しい仕様になっており、特に重篤な副作用は報告されていません。万が一、肌あれやかぶれ、かゆみなどの何らかの肌症状が起こった場合にはすぐに使用を中止してください。また、顔や肌が敏感な部位、ニキビや肌あれを起こしている部位には使用しないようにしてください。

ワキ用とボディ用はどう違うのですか?

ワキ用はロールオンタイプで、ワキに塗りやすいだけでなく、肌へのかぶれなどがより起こりにくくなっています。ワキ汗が気になる方はこちらを使用してください。ワキ以外で、手足や背中などの汗が気になる場合には、ローションタイプを使用してください。成分の主な違いは、ワキ用は塩化アルミニウムの量が抑えられており、さらに乳酸カルシウム配合で、より肌に優しい仕様になっている点です。

ボトックス注射と比べてどんなメリットがありますか?

手軽にご自身で塗ることができる点です。また、アレルギーや妊娠中でボトックス注射を受けられない方にも適しています。

なぜ市販の制汗剤のように塗り直さなくていいのですか?

パースピレックスは塗ると水分と反応して、汗腺にフタが作られます。そのフタ(=角栓)は一度作られると排出されるまでの3~5日は、汗や水で洗い流されることはないためです。

汗だけでなく、においも抑えられますか?

パースピレックスは、汗が原因のにおいを抑えることができます。塗ると汗腺をふさぐことで、汗そのものの産生を一時的に抑えるためです。殺菌効果もあるため、軽度のワキガであれば症状を緩和することができます。

ワキと背中両方の汗が気になるのですが、ボディ用一つで使いまわしていいですか?

ボディ用は塩化アルミニウムの濃度が高いため、ワキには必ずワキ用を使用してください。



平日 10:30〜13:00 15:00〜19:30
土曜 10:30〜13:00 15:00〜17:00
〒261-0021 千葉県千葉市美浜区ひび野2-3
アパホテル&リゾート<東京ベイ幕張>セントラルタワー2F

お問い合わせ・ご質問・ご相談はこちら

WEB診療予約

無料メール相談

TEL